こんにちは、エブリスタ編集部です。


小説投稿サービス『エブリスタ』が数々の出版社とコラボして開催し、たくさんの作品を書籍化するエブリスタ小説大賞


本日は前回のインタビューの続きをお届けします!

2018年11月1日(木)から応募開始となる「エブリスタ小説大賞2018 レジェンドノベルス シリアスゲームノベル大賞」について、2018年10月5日(金)創刊となるレジェンドノベルス編集部さんに求めている作品の必須の要素や今回のテーマに決めた理由などをお聞きしました!


「大人が読んで楽しめる」「大人に刺さる」を意識すること


エブリスタ編集部:

『シリアスゲームノベル』に必須の要素を教えてください。


レジェンドノベルス編集部:

必須の要素は、ゲーム文化を背景としていることと、大人向けであることです。ゲーム文化を背景としている、というのは相当広くとっていただいて構いません。ロールプレイングゲームでもいいですし、リアルタイムストラテジーゲームでも構いません。大人向けというのは、「r.」がつくようなアダルト要素があるという意味ではなく、大人が読んで楽しめるということです。高校生の青春とか恋愛なんかは、大人にはあまり刺さらないかもしれませんね。

「エブリスタ作家ならではのアイデア×大人向け」の作品が欲しい


エブリスタ編集部:

『シリアスゲームノベル』を募集テーマにした理由を教えてください。


レジェンドノベルス編集部:

エブリスタは、アイデアに富む作品が非常に多く、ネクストファンタジー作品も多数投稿されています。ただ、私たちの探し方が甘いため、なかなか大人向けのネクストファンタジー作品に出会うことができず、口惜しい思いをしております。そこで、今回のエブリスタ小説大賞2018では、あえて「シリアス」と銘打つことで、大人向けの作品が集まるのではないかと期待し、このようにテーマを設定させていただきました。

エブリスタ編集部:

最後に、エブリスタ小説大賞2018 レジェンドノベルス シリアスゲームノベル原作賞への応募を考えている人々にメッセージをお願いします。


レジェンドノベルス編集部:

いろいろとややこしいことを言ってきましたが、エブリスタに投稿されているみなさんも、多くはゲームに親しんで育ってこられたのではないかと思います。ゲームの何が面白いのかと考えると、やはり日常では味わえない刺激や感情の動きを味わえるという点ではないでしょうか。そしてそれは、小説もまた同じです。あまり難しく考えず、かつてのゲーム友達を楽しませるような、そんな小説をお待ちしています。


エブリスタ小説大賞2018 レジェンドノベルス シリアスゲームノベル大賞の応募は2018年11月1日(木)から



受賞作品はレジェンドノベルス(講談社刊)からの書籍化検討&賞金総額50万円! さらに優秀100作品にエブリスタ編集部からの選評がメールで届きます!(※選評に関する記事) イベントページはこちら。 皆さまのご応募お待ちしております。

次回の更新は再来週火曜日(2018年10月16日更新予定)になります。

お楽しみに!

※2018.10.16追記※次回更新日が2018年10月30日予定に変更となりました。申し訳ございません。 今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。

【フォローしてね】

エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu

マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA
ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO



こんにちは、エブリスタ編集部です。


小説投稿サービス『エブリスタ』が数々の出版社とコラボして開催し、たくさんの作品を書籍化するエブリスタ小説大賞


2018年11月1日(木)から応募開始となる「エブリスタ小説大賞2018 レジェンドノベルス シリアスゲームノベル大賞」について、2018年10月5日(金)創刊となるレジェンドノベルス編集部さんにお聞きした、レーベル立ち上げのきっかけや今回のイベントで求める作品像などを2週間連続でお届けします!
作品執筆のヒントになるかも!?


次にくるのは「ゲーム文化を背景とする新時代のファンタジー」


エブリスタ編集部:

「レジェンドノベルス」立ち上げのきっかけを教えてください。


レジェンドノベルス編集部:

文芸書全体の売上が伸び悩むなかで、エブリスタをはじめとする投稿サイト発のファンタジー小説に関しては依然として成長を続けています。そこで、既存の作品を読んでみたところ、驚くほどレベルの高い作品がいくつもありました。これはと思って調べてみたところ、先行レーベルは多数存在するものの、特にゲーム文化を背景とする新時代のファンタジー、すなわちネクストファンタジーにおいて参入の余地ありということがわかり、レーベル創設を決めました。


対象読者は「ゲーム文化で育った人」


エブリスタ編集部:

レジェンドノベルス編集部が考える「シリアスゲームノベル」とは何でしょうか。


レジェンドノベルス編集部:

レジェンドノベルスは、ゲーム文化を背景とするネクストファンタジーの専門レーベルですが、その中でも濃密な文章と表現力を持った作品を、我々は「シリアスゲームノベル」と呼びたいと思っています。字面からは、いわゆる「デスゲーム」が想起されるかもしれませんが、必ずしも命がけである必要はありませんし、なんならゲーム自体を描く作品である必要もありません。必要なのは、ゲームの要素が(背景にでも)含まれていること、そして面白いこと。それだけです。

エブリスタ編集部:

「ゲームの要素」解説がとても参考になります!

続いて、レジェンドノベルス編集部が求める作品像を教えてください。


レジェンドノベルス編集部:

レジェンドノベルスは、「全部傑作!ハズレなし」をレーベルコンセプトに掲げています。対象読者はゲーム文化で育った人ですが、その人たちが読めば、たしかにこれは傑作だと納得してもらえる作品ばかりを集めています。具体的には、文章力があり、独自性があり、そして物語として面白い。逆に言うと、コメディとしての面白さや、キャラクターの魅力が柱となっている作品は、(それだけでは)当レーベルの範疇とはしていません。

書籍化デビューの鍵は「独自性」と「文章力」


エブリスタ編集部:  

新人賞で落ちる作品にありがちなことを教えてください。


レジェンドノベルス編集部:

新人賞は実施していませんが、作品を検討するにあたって重視しているのは、主として①独自性があること、②文章力があることの二点です。①は、これまでの作品にはない、独自性の高いアイデアがあり、それが作品の面白さになっているということです。②は、読書に慣れた大人がスムーズに読むことができる文章であるということです。特に、語り手の視点を意識して書かれているかどうかは、最初の分水嶺になると感じています。

エブリスタ小説大賞2018レジェンドノベルスシリアスゲームノベル大賞応募は2018年11月1日(木)から



受賞作品はレジェンドノベルス(講談社刊)からの書籍化検討&賞金総額50万円! さらに優秀100作品にエブリスタ編集部からの選評がメールで届きます!(※選評に関する記事) イベントページはこちら。 皆さまのご応募お待ちしております。

2週連続でお届けするレジェンドノベルス編集部インタビューの続きは、

来週火曜日(2018年10月2日更新予定)になります。

お楽しみに!

今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。

【フォローしてね】

エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu

マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA
ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO

エブリスタ発ヒット作で見るサスペンスホラー分類チャート
こんにちは、エブリスタ編集部です。


小説投稿サービス『エブリスタ』から生まれた大ヒット作といえば、

「王様ゲーム」「奴隷区」「カラダ探し」などの”ホラー・サスペンス”(通称:ホラサス)


今回は「ホラサス」にスポットを当て、
ヒットの傾向や詳しいジャンル・代表作品などについて、ご紹介しようと思います。


”理不尽デスゲーム系”を中心に若年層に安定した人気

小説やマンガのジャンルにおいて、特に10代男子を中心に安定した人気を保っているのが「ホラー・サスペンス」(通称:ホラサス)です。

読者を引き込むインパクトサクサク読める展開の早さが重要で、ホラサスは奇抜な設定や展開、刺激の強い恐怖描写など必須な要素を盛り込みやすく人気の出やすいジャンルです。

ヒットのポイントはタイトルと冒頭5ページのインパクト

小説投稿サイト『エブリスタ』視点でお話しすると、ほぼスマホで読まれるWEB小説は、移動時間や寝る前といった限られた利用時間の中で、いかに読者にインパクトを与え、続きが読みたくなるように「引き」を作れるかが重要です。

その点ホラサス作品はショッキングなシーンを1ページで表現しやすく、スマホと相性が良いジャンルと言えます。冒頭数ページで「面白そう!」と思わせるためには短文でも印象に残るメッセージを残すことも重要です。


タイトルに『奴隷区』『生贄投票』『監獄実験』など漢字を組み合わせ
一目でわかりやすくした作品が多い傾向にあります。


グロテスクな描写や、解りやすい設定でインパクトを与え読者を引き込みつつ、極限状態での登場人物の友情や裏切りなど人間ドラマの要素、心理バトル要素、謎解きの要素などもバランスよく組み込んだものがヒット作品となっています。

エブリスタ発ヒット作で見る”ホラー・サスペンス”分類チャート大公開!

エブリスタ発ヒット作で見るサスペンスホラー分類チャート

【理不尽デスゲーム】

アニメや実写映画化された「王様ゲーム」や「奴隷区」をはじめヒット作も多く、WEB発の代表ともいえるのがこの「理不尽デスゲーム」系です。

「どこかの空間に閉じ込められる」「謎のアプリが突然インストールされる」といった形で主人公は強制的にゲームに参加させられ、クラスメイトや集められた他の参加者たちと時には敵対、協力し、脱落者を出しながらゲームの主催者からのミッションをクリアしていく―というスタイルです。

「格闘技の経験者、学級委員、美人などリアル強者は序盤で死亡(脱落)」 「ゲームの狂言回しはキモ可愛いキャラが担当」 「なぜかゲームのルールを熟知しているライバルがいる」など”デスゲームあるある”も。



【王道ホラー】

古くは『四谷怪談』のお岩さんから『リング』の貞子まで日本のホラー作品の王道といえる”この世のものではない” ものに襲われる登場人物の恐怖を描くジャンルです。やはりポイントは、キャラクターのインパクト。ヒット作は『カラダ探し』の「赤い人」のようにビジュアル、ネーミング、人への攻撃方法、生い立ちなど、様々な要素が際立っています。



【禁断の地系】

こちらも怪談や都市伝説の王道である「地図に無い」「絶対に行ってはいけない」場所での恐怖を描いたジャンルです。”住人“たちは狂気に侵された人間か?すでに人間ではない何かなのか?

単体ではなく集団で主人公たちを襲ってくるケースが多いので注意が必要です。



【欲望叶えます系】

もしも人の欲望を叶える“こんな世界だったら”“こんな商品があったら”といった設定の中で、そこに生きる登場人物の欲望やコンプレックス、狂気といった”負の部分“に焦点を当てたドラマを描きます。いわゆる幽霊的なモノは出てきませんが心理的にジワリと怖いジャンルです。



【復讐系】

陰惨ないじめや犯罪に巻き込まれ、人生を狂わされた主人公が復讐鬼と化し当事者たちに罰を下します。復讐に至る経緯や復讐シーンは肉体的・心理的にも凄惨な描写が多くダメージ大。ホラージャンルの中でも最も後味が悪いこと必至です。



【感染系】

謎のウイルスに感染し屍人(グール)化した人と、生き残った人類のサバイバルを描きます。

舞台は蔓延を防ぐため隔離された建物から、地球上がほぼグール化したディストピアまで様々です。噛まれるなどするとその人もグール化するため、感染が広がっていく恐怖や、友人や恋人といった身近にいる人がグール化してしまった時にどうするか?といった人間ドラマも盛り込まれます。



【バケモノ侵略系】

巨大生物や異星人と人類との生存を賭けたサバイバルを描きます。人類が”食べる側“から”食べられる側”に回った恐怖や絶望。何気ない日常や価値観も、目線を変えればホラー要素に満ち溢れていると気づかされます。



”ホラー・サスペンス”に興味を持ったらエブリスタ

ホラー・サスペンスの世界はいかがだったでしょうか。

エブリスタ小説大賞2018で今後募集が始まる「レジェンドノベルス シリアスゲームノベル大賞」や「竹書房 世界一怖い小説大賞(仮)」など、執筆の何かにお役立ていただけたら嬉しいです!


エブリスタ小説大賞2018 応募受付中!



受賞作品は書籍化検討やコミック化検討&賞金総額50万円!詳しくは各イベント詳細へ!

さらに優秀100作品にエブリスタ編集部からの選評がメールで届きます!(※選評に関する記事)

イベントページはこちら。


皆さまのご応募お待ちしております。


次回の更新は、再来週火曜日(2018年9月25日更新)になります。

お楽しみに! ※2018.9.18追記※次回更新日が変更となりました。申し訳ございません。


今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。

【フォローしてね】

エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu
マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA
ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO

↑このページのトップヘ