「エブリスタの本棚」人気作家さんのおすすめ小説

いつもエブリスタをご利用いただきましてありがとうございます。
昨日は、エブリスタ6周年記念感謝パーティーが渋谷にある「森の図書室」で行われました。

estar_party1

また、パーティーに先駆けて、これまでにエブリスタからデビューした人気作家7名の自薦作品と、好きな・影響を受けた作品について、コメント付きで紹介する「エブリスタの本棚」を展示しました。

estar_party2

残念ながら現地にお越しいただけなかった皆さまのために、展示作品とコメントをブロ
グでご紹介します!

まずは雨蛙ミドリさんの代表作『オンライン!』と、お薦め本『かいけつゾロリの恐怖の遊園地』です。


【ある日届いた謎のゲーム機、ナイトメア。それを境に私の日常は一気に崩れ去った……】
人の数だけ物語ってありますよね。
もし舞じゃなく自分にナイトメアが届いていたら?
ステータスはどんなのになるんだろう?
あの時、舞はこうしたけど自分ならどうするだろう?
そんな風に色々と考えてもらえれば私も嬉しいです。
この本は私が子供の時に大好きで何度も何度も読み直していた本です。
文だけじゃなくイラストもあり、とても楽しく読めました。そして笑える部分も結構あります。
大人になった今でも、読むことが楽しい!と感じられる本だったなあと思い出します。
沢山シリーズも出ていますが、この本はどの巻から読んでもある程度理解できる感じになっているていうのもオススメできるポイントです!

次は『奴隷区』のコミックも好評の岡田伸一さんがエブリスタで連載していた『奇少物件100LDK』。
おすすめ本は『土佐堀川 広岡浅子の生涯』でした。朝ドラの原作ですね。
 
奇少物件100LDK (TO文庫)
岡田伸一
ティー・オーエンタテインメント
2013-08-01

本作はプロットから制作するなど初めての試みが多く、
また当時、東北震災の直後に「笑ってもらいたい」とエブリスタに投稿し、多くの反響を頂きました。
「人は人格(キャラクター)のファンになる」を僕に教えてくれた娯楽ミステリーです。
キーワードは「八名八問」。楽しんでもらえれば幸いです。
NHK連続テレビ小説において今世紀最高視聴率を記録した「あさが来た」原案本。
大同生命創設者広岡浅子の「九転十起」を描いた傑作。
著者の古川先生は30年前に本作を執筆。
絶版になったものの、大同生命が再版を依頼し、たった一冊が図書館に収められ、それをNHKの関係者が発見、ドラマ化に至ったそうです。
書き手としての九転十起も学びました。

3人目は「エブリスタ小説大賞2015-16」年間グランプリに輝いた白石さよさんの『優しい嘘』。
大ファンだという桜木紫乃さんの『氷平線』をお薦め本に選んでいただきました。

優しい嘘 (エブリスタWOMAN)
白石さよ
三交社
2015-10-09

 それぞれに思惑を抱えた男女が見合い婚約。上辺だけの関係を覚悟していた主人公は、疑念に揺れながら惹かれていきます。
作品毎に命題を決めますが、この作品は恋愛小説の定番パターンを破るべく「答え合わせをしない恋」をテーマにしました。
「エブリスタ小説大賞2015-16」年間グランプリを受賞し、私にとって記念すべき作品となりました。
氷平線 (文春文庫)
桜木 紫乃
文藝春秋
2012-04-10

この短編集だけでなく、桜木紫乃さんの小説には厳しい境遇を黙々と受け止め、時に潔く、時に哀しい決断を下す女性達が描かれています。
逞しく生きる彼女達の姿は、社会の底辺にあっても気高さを感じさせるほど。
研ぎ澄まされた描写が女性達の諦念にも似た強さと悲哀を際立たせ、心に深く刺さります。

次は瀬川コウさんの『謎好き乙女と奪われた青春』。
お薦め本の『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』を読んでいなかったら、「作家になっていないかも」だそうです。
 
どうしても青春には求められる形があります。
部活、恋愛、友情――。それを大人たちは青春と呼びます。
しかし、実際のところそんなものに青春の本質はありません。
青春の真実をこの「謎好き乙女と奪われた青春」をはじめとした謎好き乙女シリーズで描きました。
大人に求められる青春を送れなかった人達へ、この物語を送ります!
僕の読書のきっかけであり、そして未だに読み返す小説です。
過去の事件によって大衆からズレてしまったみーくんとまーちゃん。
ズレた人は何とか元に戻ろうとがんばりますが、この社会、一度外れたら戻れません。
でも、だからと言って幸せになれないわけじゃない。
最高にズレたまま最高に幸せに。そんな「愛」ある小説です。

エブリスタのファンタジーカテゴリで現在1位の千冬さんが選んだのは『ゲド戦記1 影との戦い』です。
人気連載中の『居酒屋まるの千夜一夜物語』とあわせてコメントをいただきました。
 
居酒屋まるの千夜一夜物語 上
千冬
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-04-30

居酒屋ものなのに、料理より次々に登場する神様や妖怪が巻き起こすドタバタ劇がこの作品の売り。
自称平凡な店主と非常識な常連客たちを中心とした、一夜ごとの物語です。
影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)
アーシュラ・K. ル=グウィン
岩波書店
2009-01-16

今や古典ファンタジーの仲間入りし、アニメ映画にもなった作品。
3巻までの三部作の中に、ファンタジーの人物設定も世界観も警告も感動もすべて詰まったお手本のような物語です。

『京都寺町三条のホームズ』の望月麻衣さんは、お薦め本にもエブリスタの本を選んでくださいました。
きたみまゆさんの『札幌ラブストーリー ~トライフルシンドローム~』です。
 
『読めば京都に行きたくなる』
そんなキャッチフレーズをいただけた本作。

埼玉から京都に引っ越してきた主人公・葵が
ひょんなことからバイトすることになったのは
寺町三条にある骨董品店『蔵』。
そこで葵は『ホームズ』と異名を取る店主代理人の
大学院生・家頭清貴と共にさまざまな経験をしていく。
京都×古美術 ×恋愛×ほんのり謎説き
心がほっこりする、はんなりミステリーです。
「ネイルをしなくなったのは、いつからだろう?」

札幌の出版社で情報誌を手がける平井由依はアラサーで独身。
何より仕事が楽しい毎日だけど、女としての潤いのある日常とは真逆のところに。

無愛想なイケメンカメラマン・片桐。
無邪気で可愛い元モデル男子の後輩・三浦。
主人公とは真逆で女子力たっぷり合 コン命の出川。
色っぽく頼れる葉月さん。一癖も二癖もある編集長。
みんなくせ者だけど憎めなくて、なんだかんだでみんな一生懸命。

美しい大地、北海道を舞台に、恋に仕事に奮闘する、まるでドラマのような作品で、
仕事の描写は本当に圧巻。恋のシーンは胸キュン必至。
そして読み終えたあと、とても清々しい気持ちになれる
本当に素敵な作品です

最後は『ドクムシ』の八頭道尾さんのセレクトで、『第三の時効』。
「なにより好きなのはそれぞれのキャラクター」ということで、皆さんの執筆の参考にもしてください。
 
ドクムシ (双葉文庫)
八頭 道尾
双葉社
2016-02-10

閉じ込められた環境で殺し合いをするソリッドシチュエーションホラーは人気のあるカテゴリーですが、これもその一冊です。
でも神様だのゲームマスターだの、あるいは、やたら正義感を持った主人公も手ぬるい不良も出てきません。
エロとグロと胸くそ悪さに特化した、これぞソリッドシチュエーションホラーの王道作品。
この手の作品が好きな人にも初めて読む人にもお勧め出来る一冊です。
第三の時効 (集英社文庫)
横山 秀夫
集英社
2006-03-17

とある県警の、殺人などを捜査する強行班が舞台の短編集です。
短編ながらどの作品も普通の小説一冊分の満足感があります。
ストーリーや人間ドラマ、スリリングな展開なども面白いのですが、なにより好きなのは、それぞれのキャラクターです。
どの登場人物ももっと知りたい、活躍をもっと見たいと思えるキャラクターなので、是非ご一読ください。

以上、14点を展示し、パーティーの最後に「お楽しみ抽選会」の景品として来場者の方にプレゼントしました。

estar_party3

気になった作品があった方は、ぜひ書店やエブリスタ上でチェックしてみてくださいね。
今後とも、エブリスタをよろしくお願いいたします。  

このイラストにセリフをつけよう!

いつもE★エブリスタをご利用いただきましてありがとうございます。
title750

6月15日(水) 17:00より、「イラストにセリフをつけよう!」の募集がスタートしました!

今回お題となるイラストは、
イラスト投稿コミュニティサイトTINAMIで開催していた
君の絵にセリフがつく!小説投稿サイトE★エブリスタ お題イラストコンテスト』の
「6月」部門で大賞となったnumさんの作品です。

fukidashi
上のイラストの「A」「B」に入るセリフを考え、投稿してください。
Aのセリフのみ、もしくはBのセリフのみを考えていただいても構いません。
「A」「B」に当てはまらなくとも、心の声など、広い意味でのセリフであればOKです。
誰のセリフかが分かれば、「A」「B」は記載しなくても構いません。

また、規定文字数内であれば地の文を書いていただいても構いませんし、
会話がA→B→A→B…と2往復以上してもOKです。

例:
・A「雨止んだし、学校サボって何処か行っちゃわない?」
 B「あはは!いいね!行っちゃおう!」

・B「お父さんが、今日退院するんだ」
 A「ホント!?おめでとう!!」
 B「お酒飲みすぎて田んぼに落ちて骨折だなんて笑い話だよ」
 A「田んぼからおじさんの足が見えたとき、本気でホラーかと思ったからね」
 B「あ!このネタ使ってホラー小説書いちゃおうかな」

・A「お守り買ったのに、赤点決定!」

・B「あの転校生に声かけてみない?」

募集条件は、新作限定!分量は~400文字までです。

今後とも、E★エブリスタをよろしくお願いいたします。 

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第27回「嘘…でしょ…」というセリフを使って書こう

title750

いつもE★エブリスタをご利用いただきましてありがとうございます。

6月15日(水) 11:00より、「三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第27回」の募集がスタートしました! 
 
新作限定! 初心者大歓迎! 三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第27弾です。

今回のテーマは

「嘘…でしょ…」というセリフを使って書こう 

です。
作中のどこかに必ず「嘘…でしょ…」というセリフを入れた妄想を投稿してください。
口調や語尾などは変えても構いません。

・死んだはずのあいつが目の前に!?
・商談に必要な資料を忘れた!助けてくれたのは意外なあの人だった!
・ほぼ100%の勝率だった勝負に負けた…
・3キロ太った!ダイエット開始!!

衝撃的な体験に思わず出てしまったセリフかも?
嘘のような出来事の後に一体何が起こりましたか。
ぜひ妄想にして投稿してください。あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。


今後とも、E★エブリスタをよろしくお願いいたします。 
ギャラリー
  • 三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第66回「お年玉で買ったアレ」
  • 三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第66回「お年玉で買ったアレ」
  • ジャンル応援キャンペーン ファンタジー「冒険」
  • ジャンル応援キャンペーン ファンタジー「冒険」
  • 三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第65回 「プレゼント」
  • 三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第65回 「プレゼント」
  • ジャンル応援キャンペーン ミステリー・推理「副業探偵」
  • ジャンル応援キャンペーン ミステリー・推理「副業探偵」
  • 三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第64回 「最強・最弱のパーティ」