title640

新作限定! 初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第42弾です。

今回のテーマは
「『またね』という文章を使って書こう」です。 

作中のどこかに必ず『またね』という一文を入れた妄想を投稿してください。
セリフに変えても構いません。
変えた場合は、口調や語尾などを変えても構いません。

・10年暮らした町とのさよなら…
・これが彼女の最後の言葉だった…
・一仕事終えた後の捨てセリフ…
・来世でまた巡り会えると信じて…

人、場所、物、夢…
様々なモノとの別れ際の決めセリフ「またね」。
主人公は何と別れを決意したのでしょうか?
そして、「またね」からどんな物語が始まり、どんな結末になったでしょうか?

ホラー、ミステリー、恋愛など、テーマから自由に妄想した物語をぜひ投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています! 
 
上位3作品には賞金+編集部からの選評! 
さらに上位30作品を結果発表ページでご紹介します。
特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

また、上位30作品まであと一歩だった作品の中で
応募締切より3ヶ月以内にクリエイター登録された新規作家を対象に
数作品ピックアップルーキーとして結果発表ページでご紹介させていただきます。

☆上位作品はエブリスタの電子瀬書籍レーベル「5分シリーズ」に収録される可能性があります!
(収録が決定した作者様には別途、御連絡させていただきます)
電子書籍レーベル「5分シリーズ」

いつもエブリスタをご利用頂き、ありがとうございます。

エブリスタも出展する、2017年1月22日(日)の第一回文学フリマ京都
同日に文学フリマ京都の打ち上げ兼エブリスタ公式オフ会を開催します!

最大25名程度でのカジュアルな会です。
関西近郊にお住まいの方、第一回文学フリマ京都にご参加の方はぜひお越しください。
(オフ会のみの参加も可能です)
当日はエブリスタのスタッフも参加します。

当日に参加者の名札を用意しますので、申込時にエブリスタのユーザ名をお書きください。

【内容】
●エブリスタに言いたい・聞きたい!スタッフとトーク
●クリエイター・読者同士の交流、フリートーク

【開催日時】
2017年1月22日(日)17時00分~19時00分(終了)

【参加資格】
・20歳以上
・エブリスタに会員登録がある方

【参加費】
3500円(※飲食代/当日現金払い/お釣りのないようにご用意願います)

【申込期限】
2017年1月13日(金)17時00分


イベントの詳細、参加のお申し込みはこちら

なお、 第一回文学フリマ京都・エブリスタブースでは短編集「5分シリーズ」の紙書籍版販売を行います。
ぜひ合わせてご参加ください。

引き続き、エブリスタをどうぞよろしくお願いいたします。

いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。

エブリスタより、初の短編小説レーベル「5分シリーズ」
電子書籍版が刊行いたしました!

kobo 

他電子書店様でも順次配信予定です。


「5分シリーズ」は、2015年6月より開催中の短編小説賞「三行から参加できる 超・妄想コンテスト」の受賞作を中心に、選りすぐりの短編作品を集めた短編小説レーベルです。

創刊ラインナップはこの5タイトル!
 



この年末年始は、5分で心動かされる珠玉の掌編を読みながら過ごされるのはいかがでしょうか?
 
「5分シリーズ」は今後も新しい展開を予定しておりますので、どうぞご注目ください。

atoaji
 
『5分で最悪な気分になる 後味の悪いショートストーリーズ』収録作家
モモユキ
凛音☆りおん
相沢泉見
りんごあめ
アンマンマン
えんぴつ堂
佐倉理恵
小湊くろおる
神奈
快紗瑠
戸未来 辰彦
★にいだ★
清水 誉
五丁目


kangae
 
『5分で人生観が変わる 考えさせられるショートストーリーズ』収録作家
ノリアキラ
ねこじた
P助
有坂 悠
三朗.G
清水 誉
唐熊渡
かにもん
Uranus
瞬丘亞乱
森まる
アドルフ
すぽ
……權、蘭。
鳥谷綾斗


donden
 
『5分で声出して驚く どんでん返しショートストーリーズ』収録作家
えんぴつ堂
たろまろ
冨森駿
ヨモツヒラサカ
紫真子
梅☆林
白黒 ねこ
柚木とわ
神谷信二
咲月 和香
かづは


kando
 
『5分で涙がにじむ 感動ショートストーリーズ』収録作家
plamo
川崎 かなれ
浅果好宗
藤燈 夜夏
関井薫
万里なお
た。
魔王源
貴仁
ぽぽあっと
綿瀬 夕
唯乃いるま
早川素子
宮原杏子


psyco
 
『5分で人間が怖くなる サイコホラーショートストーリーズ』収録作家
快紗瑠
羽央えり
またたびまる
緒方あきら
和久井要
Uranus
ゆめ
雪宮 朔也
こにし桂奈
さるですが。

↑このページのトップヘ