こんにちは、エブリスタ編集部です。


小説投稿サービス『エブリスタ』が数々の出版社とコラボして開催し、たくさんの作品を書籍化するエブリスタ小説大賞


本日は前回のインタビューの続きをお届けします!

2018年8月1日(水)に募集開始となった「エブリスタ小説大賞2018 スターツ出版文庫大賞」で物語に入れて欲しい必須の要素やテーマを決めた背景などをスターツ出版文庫編集長・篠原様に、お聞きしてきました!


スターツ出版文庫のコンセプトは「この1冊が、わたしを変える。」


エブリスタ編集部:
『恋愛小説』『ほっこり人情小説』に必須の要素を教えてください。


スターツ出版文庫編集長・篠原

『この1冊が、わたしを変える。』これはスターツ出版文庫が創刊以来掲げてきたブランドコンセプトです。

男女問わず、学生から大人までより幅広い年齢の方々が面白く読めて、大切なことが見つかる、そんな“心の成長”を与えてくれる小説をお届けしてきました。

よって、「恋愛小説」「ほっこり人情小説」ともに、読後に「成長感」が持てる内容であり、読者の心に共感や希望を与えることのできる作品であってほしいです。

前回お答えした【スターツ出版文庫編集部が考える「恋愛小説」「ほっこり人情小説」とは?】の回答と合わせてご考案頂けますと幸いです。


恋愛小説・ほっこり人情小説にメッセージを込めて欲しい


エブリスタ編集部:
『恋愛小説』『ほっこり人情小説』を募集テーマにした理由を教えてください。

スターツ出版文庫編集長・篠原
「恋愛小説」はスターツ出版文庫が創刊当初より基盤としてきた小説ジャンルであり、コアターゲットとなる10代後半~20代前半の読者ニーズが高く、今後もより一層拡充していきたいジャンルだからです。

一方、魅力あるキャラクターの創生、またそのキャラクターたちが作り出すヒューマンな物語世界が魅力の「ほっこり人情小説」は、より幅広い読者世代に楽しんでもらえる可能性を感じているからです。


エブリスタ編集部:

最後に、エブリスタ小説大賞2018 スターツ出版文庫大賞への応募を考えている人々にメッセージをお願いします。

スターツ出版文庫編集長・篠原
あなたの熱い想い・メッセージが託された物語が誰かの心に届くとき、それは誰かの心に光を灯し、誰かの未来はきっと変わるはずです。

そんな素敵な物語をスターツ出版文庫は発信し続けていきたいと思います。あなたのエントリーを、心よりお待ちしております!


エブリスタ小説大賞2018 スターツ出版文庫賞の応募は2018年9月30日(日)まで



受賞作品はスターツ出版文庫での書籍化検討&賞金総額50万円!

さらに優秀100作品にエブリスタ編集部からの選評がメールで届きます!(※選評に関する記事)

イベントページはこちら。


皆さまのご応募お待ちしております。


次回の更新は、来週火曜日(2018年8月21日更新)になります。

お楽しみに!


今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。


【フォローしてね】
エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu
マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA
ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO



こんにちは、エブリスタ編集部です。


小説投稿サービス『エブリスタ』が数々の出版社とコラボして開催し、たくさんの作品を書籍化するエブリスタ小説大賞


2018年8月1日(水)に募集開始となった「エブリスタ小説大賞2018 スターツ出版文庫大賞」で期待していることや受賞のヒントなどをスターツ出版文庫編集長・篠原様に、お聞きしてきました!


スターツ出版文庫が読者に届けたいのは「心の成長」


エブリスタ編集部:
スターツ出版文庫編集部が考える「恋愛小説」「ほっこり人情小説」とは何でしょうか?

スターツ出版文庫編集長・篠原
「恋愛小説」は青春感あふれる学生時代の切ない純愛小説から、ちょっと非日常の世界を垣間見られる作品まで、読んだあとに“心の成長”が得られるものを。

また「ほっこり人情小説」は、1話完結の3~5話程度からなる連作形式とし、全話共通の主人公と舞台を設定してください。

例えば、古都の片隅に佇む食事処や温泉宿などを舞台とし、人との触れ合いで生まれる絆、人情の機微を描く中で、読んだ後にあったかい気持ちになれるような、心癒されるストーリーです。


エブリスタ編集部:
とても具体的で執筆のヒントになりそうですね!続いて、スターツ出版文庫編集部が求める作品像を教えてください。

スターツ出版文庫編集長・篠原
まずは、熱いメッセージがあることを求めたいですね。作者の「伝えたい想い」がしっかり宿っている作品であってほしい。

もちろん、構成・展開力、文章表現・描写力…など技術面でも優れた作品であってほしいですが、それありきではないということです。

それよりも大切にしてほしいのは、「伝えたい想い」が託されている作品であることです。その上で、スタ文の求める「成長感」ある物語であると嬉しいですね。

デビューに必要なのは「伝えたい想い」


エブリスタ編集部:
新人賞で落ちる作品にありがちなことを教えてください。

スターツ出版文庫編集長・篠原
技巧ばかりに注力・執着してしまい、「伝えたい想い」が中途半端になってしまったり、置き去りになってしまったりすること。

また、既存のレーベルの王道作品を研究し、過剰に意識・踏襲してしまうがあまり、どこかで読んだことのあるような既視感のある作品、オリジナリティを欠いた作品であったりすることです。

それよりも、やはり大切なのは著者としての「伝えたい想い」であると意識してください。



2017年9月30日(土)までエブリスタで行われていたエブリスタ小説大賞2017 スターツ出版文庫大賞。

エブリスタ編集部:
受賞作品にまつわる印象的なエピソード・賞にまつわる印象的なエピソードがあれば教えてください。

スターツ出版文庫編集長・篠原
つい最近の出来事ですが、賞にまつわる印象的なエピソードとしては、(他社とのコラボコンテストの際ではありますが)特定のジャンルに収まる物語ではないものの、読み手を釘付けにする実に魅力的な作品であったため、イレギュラー措置ではありますが、審査員満場一致で「特別賞」の授与を決定した作品がありました。

求めるジャンルのストライクゾーンの作品でなくとも、メッセージ性や独創的世界観が素晴らしければ書籍化の可能性はあるんです。

エブリスタ小説大賞2018 スターツ出版文庫大賞の応募は2018年9月30日(日)まで


受賞作品はスターツ出版文庫での書籍化検討&賞金総額50万円!

さらに優秀100作品にエブリスタ編集部からの選評がメールで届きます!(※選評に関する記事)

イベントページはこちら。


皆さまのご応募お待ちしております。

2週連続でお届けするスターツ出版文庫編集長・篠原様インタビューの続きは、

来週火曜日(2018年8月14日更新)になります。

お楽しみに!

今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。

【フォローしてね】

エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu
マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA
ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO

machibun_000020180513_ISA_0841小

こんにちは、エブリスタ編集部です。


2018年7月2日より「まちぶん in 鹿児島県伊佐市」というコンテストがスタートしました。これは遊技機メーカーでありアニメや実写など映像事業にも力を入れているSANKYOとエブリスタがコラボして地方都市を舞台にした作品を創り出そうというプロジェクトです。

今回は、「まちぶん」の担当者でありアニメプロデューサーでもある上町Pから今回のプロジェクトの目的や展望を聞いていきます。


地方文学賞の新しい形―「まちぶん」ってどんなプロジェクト?

エブリスタ編集部:

まず「まちぶん」ですが、プロジェクト誕生のきっかけを教えてください。


担当上町:アニメの世界でもそうですが「ご当地モノ作品」って非常に増えてきていて、「ガルパン」の大洗や「ラブライブサンシャイン」の沼津など今までメジャー観光地とは言えなかった街が創作のチカラで「聖地化」して盛り上がってきていますよね。これらのケースは非常に稀なことではありますが、実在の街を舞台にすることで作品に生まれる「温度感」ってきっとあると思っていて、それを今回「まちぶん」というプロジェクトでやってみようと考えました。


エブリスタ編集部:

「まちぶん」の特設サイトやけに気合入ってますよね…!


担当上町:そうなんです!ミュージカル「テニスの王子様」に出ている牧島輝さんや新人女優の木下美優さんを起用して映画やドラマの1シーンをイメージした特設サイトを作ってみました。実は、某年末の歌合戦のクリエイティブをやっているデザイナーさんや、NYで活動していたカメラマンさん、「テニミュ」「刀ミュ」を公演しているネルケプランニングさんなど一流スタッフが「まちぶん」には関わっています。

うっかり広告業界の権威ある雑誌でも掲載されてしまいました。

とりあえず特設サイトすごく良いからみんな見て(笑)


まちぶん特設サイト: https://machibun-isa.s-contents.jp


エブリスタ編集部:

今回、鹿児島県伊佐市を舞台にした理由や経緯を教えてください。


担当上町:ちょうど伊佐市が誕生して10周年ということでその記念にということもありますが、この伊佐市がなかなかに創作に強い場所なんです。

直木賞作家の海音寺潮五郎先生をはじめ、漫画「スラムダンク」の作者井上雄彦先生、今新潮社取締役の三重博一さん、集英社クリエイティブでオフィスユーの編集長をされている有田加津代さんなど、名だたる作家と編集者を排出している凄い街で「まちぶん」を開催するのにピッタリな街だなと感じています。


エブリスタ編集部:

そんな鹿児島県伊佐市の魅力を教えてください。

20180514_ISA_Drone_09620180514_ISA_Drone_039

担当上町:基本は、人口二万人の山に囲まれた田舎町です。鹿児島なのでたまに火山灰が降ってきますが、ごくごく穏やかな場所ですね普段。そんな穏やかな場所の外れに唐突に滝幅200メートルで日本でも最大級の巨大な滝が現れたり、ダムの底に沈んでいて、夏にしか出現しない美しい遺構があったりとダイナミックな光景が。更に全国ではあまり知られてませんが「カトッサン=家督さん」と呼ばれる神主とも僧侶とも違う、独自の占い師の様な存在が現在も存在しています。特産品は、焼酎で何故か街全体がカッパ推しです。ごく平凡な日常の中にミステリアスな顔を覗かせるかなり面白い街です。使えそうな設定意外とありません?(笑)


エブリスタ編集部:

それが「普通のようで普通じゃない」というキャッチコピーに繋がるわけですね!

伊佐市を舞台に小説を書こうとするうえでポイントみたいなものってありますか?

20180513_ISA_060320180513_ISA_0211

担当上町:伊佐市に縛られなくても大丈夫です!田舎町を舞台に男女の恋愛の話を書くのもありなんじゃないかな。伊佐市は高校のボート部が凄く盛んなので、ボート部の設定を使うのも面白いと思います。

あとはダムに沈む遺構や滝を使ってサスペンスやホラーを書くなんてのもありです。

自分の書きたいモノの舞台として都合良く使ってもらうのが一番だと思いますね。

作品の中に少しでも伊佐市が出てくればOKなので!

特設サイトに写真いっぱいあげているのでそこから何か浮かんでくればそれを書くと良いですね!


地方文学賞で目指せ映像化―「まちぶん」が目指すモノ

エブリスタ編集部:

そんな「まちぶん in 鹿児島県伊佐市」ですが、ここから生まれた作品の展開はどんな想定をしていますか?


担当上町:今回「映像化検討」を謳っているので、実写やアニメとして大きくしていければと思っていますね。それを意識して特設サイトも作っていますし、アニメプロデューサーである僕が担当しているというのもメディアミックスを目指したプロジェクトであるからですね。冒頭でも話したご当地モノとして魅力的な作品であれば、どんどん映像化を仕掛けていきたいと考えています。


エブリスタ編集部:

最後にエブリスタに投稿しているクリエイターの皆さんにメッセージを!


担当上町:「地方文学賞」って聞くとハードル高いな…ってイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、「いつも架空の街を想像して書いているけどそれを伊佐市にして書いてみよう」…ぐらいの気軽な感じで参加してもらえればと思っています!

もしかしたら、それが映画やドラマになるなんて事もありえるかも!?ドシドシご応募お待ちしております!

[まちぶん in 鹿児島県伊佐市]応募は2018年8月31日(金)まで

608-160
イベントページはこちら

フォローしてね!

エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu

上町裕介プロデューサー:https://twitter.com/y_kamimachi

↑このページのトップヘ