title640

新作限定! 初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、
妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第33弾です。

今回のテーマは
「その奇妙な店は、」からはじまる物語です。
セリフに変えても構いません。
変えた場合は、口調や語尾などを変えても構いません。
 
・元恋人との思い出を買ってくれる質屋
・お客さんがいないのになぜか潰れない…
・扉を開けると異世界へと繋がっていた!?
・看板がなくて何の店かわからない…

ふと気になった、奇妙なお店で起きた出来事とは…?
恐る恐る踏み込んだそのお店には、
どんな人がいて、どんな事情を抱え、どんな物語が待っていたでしょうか?

ファンタジー、ミステリー、恋愛ストーリーなど、思わずホロっとしてしまったり、クスっとしてしまうような妄想をぜひ投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています!
 
上位3作品には賞金+編集部からの選評!
また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。