カテゴリ: 書籍化情報

メゾン文庫_あなたと私の関係は?

こんにちは、エブリスタ編集部です。


前回のメゾン文庫編集長さんインタビューに引き続き、

2018年6月9日に一迅社より誕生したライト文芸レーベル「メゾン文庫」から7月10日に『あなたと私の関係は?』にて小説家デビューする、水川サキさんにインタビューをしてきました!


デビュー決定の連絡と初めて尽くしの書籍化作業

エブリスタ編集部:
エブリスタから
書籍化の連絡がきたときの気持ちを教えてください。


水川サキ:
大変驚きました。そして、どうしよう、描写とかもっときちんと書いておけばよかった……などと慌てました。
本当に初期の頃は読み返しても恥ずかしいくらい文章が稚拙なので。

そして、やっぱりうれしかったです。


エブリスタ編集部:
特に今回はエブリスタ小説大賞などのコンテスト受賞からの書籍化ではなく、突然の書籍化ご連絡だったので余計に驚かせてしまったかもしれません。(笑)

実際、初めての書籍化作業はいかがでしたか?

 

水川サキ:
とても楽しかったです。メゾン文庫のご担当さまが私のお話をよく理解してくださっていたので、イメージが合致していたように思います。
そして貴重なアドバイスもいただき、自分では思いつかなかった展開など新たな要素も加えることができてよりよくなったと思います。

表紙ができあがる過程もわくわくしました。

下積みを経て「なりたい」から「書きたい」へ

エブリスタ編集部:
エブリスタに投稿している
エッセイで10年間の下積みを経ていると書いていらっしゃいますが、そのあたり詳しく教えてください。


水川サキ:
お恥ずかしい話ですが、公募に挑戦して落選を繰り返し、途中書くことを挫折しています。
自分には才能がないと一度はあきらめたのですが、書かない時期を経て、もう一度書いてみたいと思うようになりました。
昔は「作家になりたい」の気持ちが強かったのですが、今は「どんな形でもいいから書きたい」に変化したように思います。
この10年を経てわかったことは、私にとって書くことは生きる上で生活の一部なのだということです。それが書籍になるならないに関わらず、おそらく死ぬまで書くと思います。

社会の荒波の中で必死に生きるヒロイン

エブリスタ編集部:
ずばり
今回書籍化される「あなたと私の関係は?」の魅力を教えてください。


水川サキ:
最初は明るく声に出して笑えるような話にしたいという思いがあったのですが、改稿を経て切ない描写が増えたように思います。
題材は教師と生徒というよくあるテーマなのですが、見どころはそこではなく、社会の荒波の中で必死に生きるヒロインと彼女を本当の意味で理解してくれる人との関係をストーリーから感じていただけたら幸いです。

エブリスタ編集部:
いろいろとお話を聞かせていただきありがとうございました。

最後に今後の展望を教えてください。


水川サキ:
読者の方々が笑えてほんのり切なく、読み終わったあともう一度読みたくなるような、そんなお話を書いていきたいと思っています。あくまで目標です。精進いたします!



エブリスタ✖️メゾン文庫の作品は続々登場予定!


【2018年7月10日発売】

あなたと私の関係は? 」水川 サキ (著)

あらすじ:

合コンに行ってみたら出会った人が高校のときの先生だった衝撃。十年前に想いを寄せていた教師、青砥英輔(35歳彼女ナシ)に再会したことで上山悠香(28歳彼氏ナシ)の恋心は再び高鳴り始める。自分が教え子だからこそ向けられるその優しさにいちいちときめいてしまう悠香。しかしどうしても、あの頃の自分を越えて、先生に近づく勇気が出ない……。どんどん好きになるこの気持ち、どうすれば!?


【2018年8月10日発売予定】

カモフラ結婚 交際ゼロ日、夫婦はじめました」タカナシ(著)

厨房からウエディング」千冬(著)



皆さま、創作活動のヒントになったでしょうか?

引き続き様々な小説募集イベントを開催しますので是非ご参加くださいね。


今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。

【フォローしてね】

エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu

マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA

ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO



こんにちは、エブリスタ編集部です。

2018年6月9日に一迅社より誕生したライト文芸レーベル「メゾン文庫」から 7月10日に『あなたと私の関係は?』8月10日に『カモフラ結婚 交際ゼロ日、夫婦はじめました』『厨房からウエディング』など、エブリスタ発の作品が続々発売予定です。


今回は、メゾン文庫編集長さんに、新レーベル立ち上げ秘話や、出版社が今欲しい作品はこれだ!など他ではなかなか聞けないことを教えていただきました!



エブリスタの魅力は幅広い年齢層の書き手


エブリスタ編集部:
メゾン文庫立ち上げのきっかけを教えてください。


メゾン文庫編集長:
ライト文芸というジャンルがじわじわ認知度を上げているのを目の当たりにしていて、ライトノベルでもなく、文芸ほど敷居の高くない小説で、読者が「おもしろそう」と思えるジャンルを狙っていきたい、というのがきっかけです。


編集部は女性部員が多いのですが、ライト文芸はグルメものやあやかしなど、女性が好むテーマが目立つので、親和性が高そうということもありメゾン文庫というレーベルを立ち上げることにしました。

エブリスタ編集部:
なるほど。今認知度が上がっているジャンルというだけでなく、編集者さんの個性も反映して作られたのですね。作品・書き手探しの場としてなぜエブリスタを選んでくださったのでしょうか?


メゾン文庫編集長:
エブリスタさんは女性の書き手、読み手が多いことがやはり最大のポイントです。
そして
年齢層が幅広いので、いろいろな作風を期待できるのでは、と思い今回協力をお願いしました。


とても助かっているのは、私たちが考えている以上にWEBやSNSを利用した告知・宣伝の方法を教えてくださること。
立ち上げたばかりのメゾン文庫大賞も多くの方に知っていただけて、さらに応募していただき、正直本当に驚いております。



2018年5月31日までエブリスタで行われていた現代恋愛・お仕事・ミステリー大賞。
創刊前のレーベルにも関わらず1000作以上の応募が集まった

ライト文芸は「強烈なキャラクター」がキモ


エブリスタ編集部:
レーベル立ち上げで苦労した点はなんでしょうか?


メゾン文庫編集長:
他レーベルで人気のあるテーマを取り入れつつ、違いを出すにはどうすればよいか、とい
う点ですね。出版社によって、ライトノベルレーベルがあったり、文芸レーベルがあったりとそれぞれ特徴がある中で、メゾン文庫の特徴を決めていく点は苦労しました。現在もいろいろ模索段階ですね。

エブリスタ編集部:
現在も方向性は模索中とのことですが、今考えている「これからこんな作品が欲しい」というジャンルや指標はありますか?メゾン文庫からの書籍化を目指したい書き手が執筆する上で参考になる情報を教えてください。

メゾン文庫編集長:
一度読んだら忘れられなくなるような、強烈なキャラクターが登場する作品が欲しいですね!強烈なキャラクター!(2回言いました)。


もうひとつは、物語が面白いことはもちろんなのですが、読者が知らないような知識や情報が題材に組み込まれているような作品だと読んで得した気分になっていいなあと思います。

レシピとか観光地のエピソードが入っているものが人気なのはそういう要素もあるのではないかと思いまして。

そして重要なのは「読後感のよい、読んで元気になれるもの」であることが望ましいですね。

物語は読者をまったく知らない世界に連れていく


エブリスタ編集部:
最後に、エブリスタの人々にメッセージをお願いします。

メゾン文庫編集長:
まずは多くの方にメゾン文庫に注目していただき、本当にありがとうございます。
エブリスタには様々な作品があり、いつも興味深くチェックさせていただいております。

私たちが目を光らせているのは、その作品が読んだ方をどういう気持ちにさせるか、という点が一番です。


読者を物語の中に誘うことのできる、魅力的な作品を待っています。

今後とも、メゾン文庫をよろしくお願いいたします。


エブリスタ✖️メゾン文庫の作品は続々登場予定です!


【2018年7月10日発売】

あなたと私の関係は? 」水川 サキ (著)

あらすじ:

合コンに行ってみたら出会った人が高校のときの先生だった衝撃。
十年前に想いを寄せていた教師、青砥英輔(35歳彼女ナシ)に再会したことで上山悠香(28歳彼氏ナシ)の恋心は再び高鳴り始める。
自分が教え子だからこそ向けられるその優しさにいちいちときめいてしまう悠香。
しかしどうしても、あの頃の自分を越えて、先生に近づく勇気が出ない……。
どんどん好きになるこの気持ち、どうすれば!?


【2018年8月10日発売予定】

カモフラ結婚 交際ゼロ日、夫婦はじめました」タカナシ(著)

厨房からウエディング」千冬(著)



皆さま、創作活動のヒントになったでしょうか?

引き続き様々な小説募集イベントを開催しますので是非ご参加くださいね。


今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。


【フォローしてね】


エブリスタ編集部:https://twitter.com/estar_hensyu

マツダ@Web小説プロデューサー:https://twitter.com/estarMATSUDA

ハマモ@エブリスタ:https://twitter.com/estar_HAMAMO


いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。
本日、竹書房文庫よりホラー短編集
「街角怪談」が発売されます!

竹書房文庫
2018/3/22



エブリスタで開催された「リアル都市伝説コンテスト」受賞作を筆頭に、29話を収録。
ブラックな呪術やおまじない、ネットやSNSに潜む魔モノ、街の怪人、奇妙な噂…あなたの隣のアンダーグラウンド!!  

収録作はこちら!

「山道の看板」    夢野津宮
「117」    三石メガネ
「紙幣」    ガラクタイチ
「肉男」    松本エムザ
「筺―コンビニエンスストア」    諸見里杉子
「ゆめこちゃん」    真山おーすけ
「降りたらどうしよう」    あい
「八柱の家」    阿賀野たかし
「絶叫する女」    雪鳴月彦
「絶対 見るな」    緒方あきら
「クジラの夢」    三石メガネ
「ねがいごと叶えてあげる」    黒谷丹鵺
「寝言に返事をしてはいけません」    砂神桐
「廃墟のおまじない」    三塚章
「電話番号564のbox」    りんご
「運命を信じたなら」    松本エムザ
「守られなかった校則」    松本エムザ
「呪いの自販機」    田丸哲二
「その面」    純鈍
「マッハ婆」    快紗瑠
「乗ってもいいですか」    砂神桐
「リヤカー婆」    快紗瑠
「学校の七不思議」    佳純
「影オジサン」    砂神桐
「髪形代」    霧野つくば
「都市伝説 仕掛け呪い…」    低迷アクション
「ノリエ」    さたなきあ
「カン・ケン・カン」    三塚章
「怪電話」    閼伽井尻

今後ともエブリスタをどうぞよろしくお願いします。

いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。

文化放送×河出書房新社×「エブリスタ」の3社による朗読プロジェクトが、
2018年3月15日(木)より始動しました!


河出書房新社発行のエブリスタ短篇小説集「5分シリーズ」の最新刊『5分後に恋するラスト』。

この本に収録されている
短篇「放課後スピーチ」を、
ラジオ番組『エブリスタ・マンガボックス presents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部』パーソナリティの豊永利行さん・小松未可子さん・三上枝織さんが朗読。

そのPVがYouTubeにて公開されました!



さらに、全国2,000軒以上の書店にて番組ポスターやコラボPOPの掲出、番組オリジナルしおり無料配布などを行うスペシャルフェアを実施中。

また、2018年3月14日(水)に発売された「5分シリーズ」最新2タイトル『5分後に恋するラスト』『5分後に笑えるどんでん返し』の帯には、パーソナリティ3人の写真が掲載されています!!



この共同プロジェクトは今後も継続し、様々な展開を行っていく予定です。お楽しみに!

今後ともエブリスタをよろしくお願いします。

エブリスタ×河出書房新社の短編小説シリーズ「5分シリーズ」
第4弾が3月14日に発売されます!

「三行から参加できる 超・妄想コンテスト」受賞作品からさらにテーマ別に厳選された作品の短編集。
発売に先駆けて、収録作品をご紹介いたします。
あなたの好きな作家さんが収録されているか、チェックしてみてくださいね!


koi_mini
5分後に恋するラスト』収録作品(敬称略)

あふれる(あやちょこ)
放課後スピーチ(ノライノウエ)
論理主義な恋人たち(雪宮朔也)
花火が散る、その瞬間は(妃妙)
半分な私の恋(天音花香)
カフェモカ(霧内杳)
今宮とツン女。(阿比留ヒロ)
ウソのち失恋(虹彩)
メイドくんと執事ちゃん(澤見真穂)
奇跡観測(plamo)

カバーイラスト:中村ひなた



waraeru_mini
5分後に笑えるどんでん返し』収録作品(敬称略)

美術展にて(Zens)
初めてのSNS(タッくん)
栞子は振り返らない(◎○)
せめてダンディに(タッくん)
感染ゲーム(haori)
お前に世界の半分をくれてやろう(オヨビゴシ)
インソムニア(神乃木俊)
隣に引っ越こして来たのは……(kino)
とても平和な空手部の日常(松ケ枝朋幸)
御手洗源基はスポンサーが多すぎて身動きが取れない(篠原愛紀)
クライマックス(タッくん)
それは犯罪だぞ(ノリ②)
雪猫歌姫と鋼の将軍(仙冬可)
妄想論(小湊くろおる)
【職人気質】(★にいだ★)

カバーイラスト:きぬてん

さらに今回は5分シリーズ一周年記念として、スペシャル企画が進行中! 続報を楽しみにしていてくださいね。

今後も「5分シリーズ」はエブリスタ×河出書房新社のタッグで続々刊行予定です。
選りすぐりの短編を、ぜひお楽しみください!

↑このページのトップヘ