キーワード:バディ小説大賞を含む記事

title750

こんにちは、エブリスタ編集部です。


小説投稿サービス『エブリスタ』と文春文庫がコラボし、3回に分けて行われた新人作家養成プロジェクト『バディ小説大賞』。

第3回『キーアイテム』の結果が発表されました。
「バディ」「キーアイテム」という二重の縛りに苦戦した応募者の方も多かったのではないでしょうか。


テーマに隠された意図は? 面白い小説を書くのに「キーアイテム」は必要?
文春文庫の編集者・
山下奈緒子さん(以下、敬称略)にインタビューしました。




共感を呼べる「キーアイテム」で作品が魅力的になる

――3回の選考、お疲れ様でした。あらためて、「お仕事」「ロケーション」「キーアイテム」それぞれのテーマの意図をお教えいただけますでしょうか。

山下:それぞれ、今の小説界において人気のあるテーマであり、小説の構成要素としても重要なものです。
「お仕事」は「お仕事小説」という一大ジャンルでコーナーができるくらい、多種多様な作品がでていますし、「ロケーション」は、「聖地巡礼」などで、発展性のあるテーマです。
「キーアイテム」はひとつのアイテムからどれくらいの物語を生み出せるか、という力量を測りやすいテーマですね。

――「キーアイテム」を使って作品を魅力的にするにはどんなところに気をつければ良いですか。

山下:先の質問とも重なりますが、アイテムそのものが印象的だったり、身近な日常的なアイテムを意外性のある使い方をして、どうやって物語を大きくふくらませるか、あるいは深く掘り下げられるか、というところで、筆者の方の物語の創造力が図れると思います。一般的には、読者の共感を呼べるようなアイテムを選択し、そこから独自性をつけて、物語を展開するとよいと思います。今回の受賞作「繭玉」というレアなアイテムが冒頭から登場し、読者の興味をそそるつくりになっていました。

――第1回受賞作『BURNT OUT ROOM』第2回『DADA?』にもキーアイテムは登場しましたか。
山下:BURNT OUT ROOMでは、消防士と刑事のコンビによる火災の捜査で、VR機器、「DADA?」では画商が主人公ということで現代アート作品がキーアイテムになっていました。


受賞するために…大切なのは「独自性」

――「バディ小説大賞」に集まった作品にはどんな特徴がありましたか。
山下:若い読者を意識した、軽やかな作品が集まったと思います。また、キャラクターや物語の設定も、いい意味でライトで明るく、読んでいて楽しかったです。

――落選した作品に足りなかったものは何だと思われますか。
山下:既視感が強いと、受賞作として推しにくい、という側面があります。ラノベ的なお約束のキャラクター同士の応酬にも、気の利いたユニークなセリフを散りばめたり、あるいは、キャラクターの色付けを少し変えるなどの工夫が必要だと思います。“お約束”は読んでいて安心感はありますが、その分丁寧な描写が必要になりますし、独自性ということは常に意識していってほしいと思います。


バディ小説を書くための必読本は?

――バディ小説を書くならこれだけは押さえておけ!というオススメ作品があれば教えてください。
山下:小説はやはり「名探偵ホームズ」でしょうか。ドラマ「シャーロック」のヒットをはじめ、ホームズとワトソンのキャラクターが繰り返し小説や映像になっています。オリジナルの小説を改めて読むと、読みつがれる名作のエッセンスから得るものがあると思います。また、有栖川有栖さんの火村教授のシリーズ。阿部智里さんの八咫烏シリーズの「烏は主を選ばない」「黄金の烏」などは主従関係を越えたバディ感を楽しめると思います。
映像ではズバリ、ドラマの「相棒」シリーズ。水谷豊さんとコンビを組む相棒がシリーズによってまったくキャラクターが違い、それによって作品のテイストも変わっているので、キャラクター作りやストーリー展開を学べると思います。

――これからバディ小説を書かれる方にアドバイスをお願いします。
山下:相棒の二人という人間関係の最小単位から始まる物語をどう作るか、というスタート地点で、小説全体の構成をどこまで広げていくかを、ある程度練っておくとよいと思います。また、二人の関係性を書くときに、それが、自分の中でのお約束であっても、そのバディを、どういう関係なのか、お互いどう思っているのか、などが読者にきちんと説明されていることが必要です。シリーズものとして書かれている方は特にそこに注意を払っていただきたいと思います。


――ありがとうございました!




受賞された方も、惜しくも受賞を逃した方も今後の執筆に参考にしてみてくださいね!
エブリスタではたくさんのコンテストを開催しています。
腕試しに、お小遣い稼ぎに、ぜひ参加してみてください。

title750

いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。

文春文庫×エブリスタがお贈りする

〆切まであと二週間と少し!
「応募したけど、もっと魅力的に書けないだろうか?」
「今から急いで書こうと思うけど、どんなことに気をつければいいの?」
そんなあなたのために、文春文庫編集長 花田朋子さんに執筆の秘訣を聞く企画、第4弾です。
今回は「バディ小説『お仕事』のコンテストを開催した理由」です。
今回のコンテストについてはもちろんのこと、第2回以降のコンテストに向けてのヒントも!

バディ小説『お仕事』のコンテストを開催した理由

 様々なバディ小説がありますが、やはり圧倒的に思いうかぶジャンルとしては
刑事や探偵が登場するミステリーでしょうか。「相棒」というそのものズバリの名ドラマシリーズもありますが、「謎解き」とバディ小説というのはとても相性がいいと思います。
 物理学者、銀行員、新聞記者、医者、シェフ、いろいろな職業の名探偵がいますが、大体においてその個性あふれるキャラクターと一般人をつなぐ〈調整役〉としてのバディが登場することが多いです。実際にある職業でも、自分で考えた架空の仕事でも、読者の興味をかきたてるようなその【お仕事】ならではの道具、訓練、ルーティンなどのディテールを大事にしてください!

 ちなみに第2回のお題は【ロケーション】です。たとえば京都や鎌倉といった、旅情あふれる地方都市でもいいし、近未来の戦争地帯や、廃校、孤島、パラレルワールドといった、ぶっとんだ場所ならではのバディものも面白いと思います。もちろん、もっと身近な場所であっても構いません。この場合も、その場所ならでは情景が浮かぶように描く工夫が大事です。

 第3回は【キーアイテム】です。実は、「個性」を出すのが一番難しいような気がします。たとえばお仕事とつなげて、その仕事に必要な道具にしてもいいし、普通だったら絶対手を組まないような二人が、そのアイテムの存在によってバディにならざるを得なかったり。うまくストーリーに絡められれば逆に何でもありのお題だと思います。


4日連続で、執筆の秘訣を花田編集長にお聞きしました。
皆さんの創作活動のヒントにしてくださいね!


第1回:
「バディ小説」の極意とは?
第2回:新人賞で落ちる作品にありがちなことって?
第3回:お仕事小説にはどんな要素が必須なの?

title750

いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。

文春文庫×エブリスタがお贈りする

〆切まであと二週間と少し!
「応募したけど、もっと魅力的に書けないだろうか?」
「今から急いで書こうと思うけど、どんなことに気をつければいいの?」
そんなあなたのために、文春文庫編集長 花田朋子さんに執筆の秘訣を聞く企画、第3弾です。
今回は「お仕事小説に必須の要素」です。
人気のお仕事小説がこの要素を満たしているか、読者としてチェックしてみるのも面白いかも!
お仕事小説に必須の要素①よくある物語に終わらない/どこかに過剰なものを潜ませる
 全体的にバランスが取れているけれど、「既視感がある、よくあるオチの物語」よりも、ある特定のジャンルへの知識が突出していて、そのディテールを描けているほうが、「お仕事小説」としては面白くなります。
 たとえば料理人が主人公の場合、「このテクニックを使うと料理が格段に美味しくなる」アイディアを盛り込むと、同じ題材を扱っている人よりワンステップ上の印象を与えられます。

お仕事小説に必須の要素②読者の予想を裏切る設定
 実はものすごくネクラなのに、作る歌はバカバカしい歌手。PCのない環境で育ったシステムエンジニア、動物の苦手な獣医……一見ありえない設定を、説得力のある物語として展開できればそれだけでも大成功。一方、「いかにもありそう」なキャラクターも物語の中でバリエーションを作り出すのに必要なテクニックです。


4日連続で、執筆の秘訣を花田編集長にお聞きしています。第4回(2018年1月19日更新)もお楽しみに!

第1回:
「バディ小説」の極意とは?
第2回:新人賞で落ちる作品にありがちなことって?

title750

いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。

文春文庫×エブリスタがお贈りする

〆切まであと二週間と少し!
「応募したけど、もっと魅力的に書けないだろうか?」
「今から急いで書こうと思うけど、どんなことに気をつければいいの?」
そんなあなたのために、文春文庫編集長 花田朋子さんに執筆の秘訣を聞く企画、第2弾です。
今回は「新人賞で落ちる作品にありがちなこと」です。
あなたの作品もチェックしてみてくださいね!

新人賞で落ちる作品にありがちなこと①「視点がバラバラ」
一番書きやすいのは一人称小説ですが、難点は主人公目線でしか物事を描けなくなること。どうしてもうまくいかないと、視点人物を変えることになりますが、変わりすぎると小説としてはどうしてもわかりにくくなります。視点人物はせいぜい3人に限定して、その範囲内で物語を展開してみてください。

新人賞で落ちる作品にありがちなこと②「書きやすいところだけ書いて、取材・下調べが必要なものを省く」
 新人賞において差が出るのは、物語の大枠ではなく、ディテールがどれだけうまく書けているか。特に今回のように「バディ」「お仕事」というお題が決まっているときは、そのディテールをどう書くかが大きな違いになります。想像力はとても大事ですが、それを過信せずに、資料にあたったり、実際に舞台となる場所に行ってみるだけでも、より物語に厚みと空気感が出ます。

新人賞で落ちる作品にありがちなこと③「ひとつの体験・エピソードだけで書く」
 自分のリアルな体験・エピソードはリアリティを出すために重要な手段です。しかし、それをそのまま書くだけでは広がりがなく、「こういうこともある」という感想で終わり、になってしまうかも。そこで想像力を駆使して、「あの時はああだったけれど、違う条件であればどうなっただろう」と考えてみたり、「自分が聞いた話はここで終わっているけれど、もし続きがあったとしたらどうなっているだろう」と考えを膨らませてみると、より楽しめる物語に発展します。

新人賞で落ちる作品にありがちなこと④「キャラクターの思考回路が一方的」
たとえば登場する敵役を、主人公側から見て「一方的に悪」として語ってしまうと、ちょっと子供っぽい小説になります。悪役には悪役の事情があることを匂わせるだけでも、ぐっと物語に深みが出ます。

新人賞で落ちる作品にありがちなこと⑤「人物を出しすぎてそれぞれのキャラクターが立たない」
話の展開のために登場人物を出しすぎて、それぞれのキャラクターが薄くなってしまう、というのも新人賞では陥りがちな罠です。印象が似たような人物が多いのはマイナスになります。必要な人物に絞り込んで、なるべくきちんと造形しましょう。


もちろん、ここに上げた条件に当てはまっていたとしても、作品に大きな魅力があれば受賞もあり得ますので、あくまでヒントとしてお使いいただくにとどめておいてくださいね。

4日連続で、執筆の秘訣を花田編集長にお聞きしています。第3回(2018年1月18日更新)もお楽しみに!

第1回:「バディ小説」の極意とは?

title750

いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。

文春文庫×エブリスタがお贈りする
もう皆さんは応募されましたか?

〆切まであと二週間と少し!
「応募したけど、もっと魅力的に書けないだろうか?」
「今から急いで書こうと思うけど、どんなことに気をつければいいの?」
そんなあなたのために、文春文庫編集長 花田朋子さんに「バディ小説の極意」を聞いてきました!

バディ小説の極意1:主人公と相棒の「凹凸感」

 社会的な能力は欠如しているけれど、特殊能力に長けた主人公と、それをうまく補う社会性があるけれど、平凡な自分にコンプレックスのある相棒……というように、「似たもの同士」よりも対照的な二人を配置すると、物語に起伏が生じやすくなります。


バディ小説の極意2:相棒になる過程をドラマチックに描く

 最初から相棒として共通認識を持てている二人を配置するのか、最初は反発しあっているけれど、次第にお互いを認め合うようにしていくか。これだけでも物語の展開や構成は変わっていきます。
 また、ただの相棒というのではなく、ある瞬間はベストパートナーだけれどふだんは犬猿の仲、というように、その関係性にディテールを持たせるのも、「バディ」の一つのパターンといえます。(たとえばルパン三世と銭形警部のように)


ルパン三世と銭形警部もバディ! 言われてみれば納得ですね。
本日より4日連続で、執筆の秘訣を花田編集長にお聞きします。第2回(2018年1月17日更新)もお楽しみに!

↑このページのトップヘ